« 2018年6月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年7月

2018年7月20日 (金)

YZF-R6_Carbon_Wheel

Bn6_bx4_01_web_5

YZF-R6カーボンホイール!!

R1と比較し、日常走行でも軽快なハンドリングと、ハイギヤード過ぎないギアレシオなど、ワインディングでの扱いやすさが感じられるYZF-R6。これにカーボンホイールを装着♪

最近のmotoGPではCarbon製のリアアームをセッティングパーツとして採用したりされていますが、カーボンホイールは使われていません。過去GP500時代は各メーカーもトライしている頃もあったのですが、現在のmotoGPではレギュレーションで禁止されています…一番にはコストの問題ですね。

金属製のホイールと圧倒的な違いは軽さだけでなく、素材が持つ振動周波数の減衰性。軽さはハンドリング、サスペンションの作動性など、「動く」部分の軽快感を作り出します。

減衰性とは…

動いている部分は、その周波数によって乗り心地の優劣として感じたりするので、人間の感性に直接伝わってくる部分。サスペンションをアップデートして乗り心地が向上するのもこれが影響しています。

機械的に達成することが出来ない領域を、「素材変更」によって大きく変化させているのがカーボンホイールでもあったりします。

乗った事のある人しかその「上質感」は分からないのですが、路面の凸凹追従性や、タイヤが吸収しきれない領域の不快な振動などを上手く「往なし」てくれ、軽快でとてもしなやかな乗り味となります。価格は「それなりに」しますが、圧倒的な存在感と上質な乗り心地はコストを納得させてくれます…

是非一度ご賞味あれ♪

Bn6_carbon_wheel_01_web_2


Bn6_carbon_wheel_02_web

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年10月 »